2006年03月08日

JALカード ツアープレミアムの考察

3月6日に発表されたJALカードの新サービス、『JALカード ツアープレミアム』についてのご紹介と、おがわゆう的考察です。

カードの概要はオリジナルのページからそのまま引用してしまうと、
    ツアープレミアムにご登録になると、JALグループ航空会社に対象割引運賃でご搭乗の場合、通常のフライトマイルにツアープレミアムボーナスマイル*が加算され、区間マイルの100%マイルがたまります。
というものなんだそうです。

…正直、この説明じゃあ非常にわかりにくいですよね…。

つまりは、このサービスに登録すると、
  • 国際線では悟空運賃、または国内発券の個人・団体包括旅行運賃
  • 国内線ではバーゲンフェア・バースデイ割引、または「JMBマイルがたまります」マークのあるツアーの個人包括旅行割引運賃
で搭乗したとき、区間マイルの100%がマイル口座に加算される、ということのようです。
なお、従来の加算率以上の部分についてはボーナスマイル扱いで、上級会員資格のためのFLYONマイルには加算されないようです。

しかも通常のJALカード会員の搭乗ボーナスは、この他に付くようです。

つまり、上級会員資格に達するほど飛行機に乗らない陸マイラーの場合、ツアーで飛行機に乗っても、悟空で個人手配しても、条件は同じになっちゃうわけですね。
上級会員目指さ(せ?)ない、でも年に数回は飛行機に乗る陸マイラーには、ちょっとオイシイ会員制度かもしれませんね。

それぞれのパターンで、損得勘定を計算してみました。

チケット種別
積算率
JALカード
ボーナス
マイル
損得ライン
(マイル)
獲得マイル数
ツアープレミアム
バーゲン・バースデー
75%
25%
2,800
7,000
5,600
悟空
70%
25%
2,334
5,835
4,435
包括運賃
50%
25%
1,400
3,500
2,100


「損得ライン」は、片道の区間マイル数を表し、1マイル1.5円計算で損得ラインを算定しています。ちなみに25%ボーナスが付いたマイル数表示になっていますが、10%でも、単純に加算されるマイル数が変わるだけなので、損得ラインに違いはありません。

つまり、東京ベースで国内線の場合、
  • バースデーやバーゲン運賃で那覇(984マイル)に3往復(計2,952マイル)する人
  • ツアーで那覇(984マイル)と福岡(566マイル)にそれぞれ1往復(計1,550マイル)する人
なら、ツアープレミアム入会がオトク。

成田ベースの国際線なら、
  • 悟空利用で台北(1,330マイル)と大連(1,042マイル)に1往復ずつ(計2,372マイル)
  • 悟空利用でホーチミン(2,706マイル)かバンコク(2,868マイル)に1往復
  • ツアー利用なら高雄(1,487マイル)かサイパン(1,461マイル)かグアム(1,561マイル)に1往復
するなら、ツアープレミアム入会がオトクです。
posted by おがわゆう at 01:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント・カード・マイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。